忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112

ドミトリーにDVDがあったので、久し振りの映画観賞をしてみた。

 


なかなか場面がリアルに描かれていたと思う。後半ちょっと睡魔に襲われながらやったので、一部字幕を見逃したりもしたが、なかなか良い映画だった。話の内容的には分かりやすかったし、登場人物の心情変化などもつかみやすかった。
この話はフィクションではなく、半分ドキュメンタリーのようなものらしい。今まで日本側からしか太平洋戦争を見てこなかったが、反対のアメリカ側の視点から見てみて、勝者であるアメリカにとってもこの戦争が残した傷跡は深いということを知った。アメリカ側から描かれたものなので、もっと日本を批判するような内容も含まれているかと思っていたけど、そうではなくて戦時下におけるアメリカの問題、人種差別なども含んだ自国の問題に焦点を当てた映画となっていた。


国は違えど、人間は人間。争うべきではない、憎みあうべきではない。きっと個人個人のレベルでは、みんな分かっている。こんな風に争い合う必要もないはずなのに、それが国家レベルになると戦争なくして関係を保つことができなかった時代。国家の権力者たちがそろって戦争を推し進めた背景には、きっと正当づけされた理由があるんだろうけど、結局犠牲になるのは国家の民、一人ひとりの人間。

 

今の日本からは想像できないけど、そんなに昔のことではないんやよなぁ。
ガーナにいることを忘れそうな時間だったが、ふと、なぜ日本は戦後数十年足らずでこんなに大きな発展を遂げたのに、アフリカは発展できないんだろうということが頭をよぎった。たくさんの理由がある。まぁ、またこの話は後日。きっと活動していく中で、もっと何か見えてくるだろう。

 

ちなみにこのシリーズ第2弾「硫黄島からの手紙」はドミトリーにはないので、帰国後見ようと思う。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]