忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99

マラリア大国GHANAデス。

マラリアは主に熱帯地域に流行している感染症。
ハマダラカという蚊の一種を媒介して、マラリア原虫に感染することによって発症する。
アフリカ=暑い=マラリア流行という図式を描きやすいが、アフリカならどこでも流行しているかというとそうではない。たとえば、タンザニアやザンビアなどの東アフリカ地域では比較的涼しいため、それほど大きく流行していないという。


しかし!ここガーナでは大流行。


マラリアにもいくつか種類があるのだが、ガーナで流行しているマラリアはその中でも最もタチの悪いタイプ。昔『西アフリカは白人の墓場』とまで言われていた。
赤道直下で、気候はまさに熱帯雨林気候(北部の方は一部サバンナ気候やけど)。そしてガーナには、ボルタ湖という世界最大の人口湖が存在する。"水辺はボウフラがわく”といわれるように、ハマダラカも水の側が大好きなようで、水不足解消のための湖もマラリア流行に一役買っている。

ガーナの子供たちの5人に1人はマラリアで亡くなるという。今生きている大人たちはそんな過酷な環境下を生き抜いてきた強靭な体の持ち主であり、もちろんガーナ人もマラリアに感染することはあることだが、ちょっと風邪をこじらせたもの程度ですむらしい。しかし、私たち日本人は、ガーナでいえば子ども以下の免疫なわけで、一度発症すると、かなり状態は悪くなる。5、6月の2ヶ月間でガーナ派遣中の全隊員の1/5がマラリアにかかっているほど、今年は異常流行中。去年は脳性マラリアに陥り、ヨーロッパにヘリで緊急搬送された先輩隊員までいるそう。

かなりビビる。。
マラリア…なめてはならない。。

任地にはマラリア検査キットというものを各自持たされ、少しでも熱がある時は自己検査しなくてはならない。しかし、そこで単なる風邪かと油断してしまうと、あっという間に40度を超す高熱が出て、ホントに動けなくなり、意識がなくなることもよくあるようで、現地で一人でぶっ倒れたらどうしたもんか…と不安になる。
近所付き合いを大切にしないとね。ご近所さんが良い人達でありますよーに!

とはいえ、まずは予防。
蚊に刺されないことが重要。毎日の予防薬(発症した際の症状を軽くするためのもので、発症を予防する効果はない)&夕方以降は長ズボン、靴下、スニーカー&防虫スプレー&蚊取り線香&蚊帳は必須アイテム。これだけやっても、家にずっとこもっていられるわけじゃなし、蚊に刺されないというのはかなり不可能に近いけど…やらないよりはね。

 
↑ マラリア自己検査キットと予防薬


目標:予防第一、早期発見、早期治療を常に念頭に!!

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< お金の話 HOME GHANA >>


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]