忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18

(2/24の話)

4日目、今日はいろいろあってとっても疲れた。
ホテルに帰ってきたのは真夜中。

①在日外国人におけるHIV診療の現状とVCTの取り組み
講師は澤田貴志先生(医師であり、SHAREの副理事?だったかな・・・)
社会的マイノリティ、社会的に脆弱である存在で、HIV感染リスクが上昇する。それは彼らが不健全な生活を送っているからではない。彼らは得られる情報や教育が限られた存在であり、そんな状況を作り出しているのは私達マジョリティ。
タイやブラジルでは誰でもエイズ治療が無料で受けられる。その政策でHIV感染率が劇的に低下した。日本なんかよりずっと進んだエイズ対策プログラムを持っている。じゃあ、なぜ他の国はそんな成功例を模倣しないのか・・・疑問だった。アフリカで適応できないのか。
その答え、、
・内服コントロールができない
・副作用の治療ができない
・薬を誰が調達し、陽性者のもとへ運ぶのか
医療体制、内服を継続できるバックアップ体制がない、ということ。1回薬を内服できたとしても、全く意味がない。この病気は一生薬を飲まなければならず、途中でやめたら、薬剤耐性ができ、ますますエイズ発症を早めることになりかねない。

エイズ対策においてVCTセンターの果たす役割は大きい。私はVCTセンターの目的を間違えていた。VCTは予防のためだけでなく、本人の利益に立脚するべきだということに気付けていなかった。少しでいいから、ガーナに行く前にカウンセリングのトレーニングを受けたいと切実に思った。

②貧困とセックスワーク
現役セックスワーカー(風俗嬢)の金井愛子さんが講師。
セックスワーク・・・とてもとても偏見があった。私は絶対やりたくないし、風俗に行く男性に対して軽蔑の目で見てしまう自分もいた。
どんなゴージャス嬢が出てくるのかと思っていたら、とってもとってもフツーの人。見た目はちょっと地味かなって思うくらい、普通の人。とても第一印象じゃ、この人がセックスワーカーだとは思えない。
いろいろ現役セックスワーカーとしての視点から語ってくれた。
金井さんは家が貧しいわけでもなく、すごくお金が欲しいというわけでもなく、ただ何となく興味があったから風俗業界に足を踏み入れたそう。他の仕事もしていたことがあるが、結局は一番この仕事が良いと戻ってきた。金井さんにとってセックスワークはあくまで仕事。私が病院勤務していたのと同じようにサービス業という仕事をしている。
1つ、質問してみた。
「私は彼氏が風俗に行くっていたら嫌ですけど、もし金井さんの彼氏が風俗に行くって言っても抵抗ないですか?」
答えはあっさり。
「ないね~。まぁ、わざわざお金払って風俗でやるなら、私とやれば無料よ!とは思うけど」
そんなもんなのか。。価値観の違いのちょっとショックを受けたりもしたが、まぁ人それぞれの生き方ではあると思うし、金井さんの生き方を否定する気は無い。
ただ、私はやっぱりセックスワーカーにはなりたくないし、なれない。

③セクシャリティとエイズ
講師は砂川秀樹先生(某女子大講師であり、オープンリーゲイである)
「セクシュアリティ」 大学でちょっとは勉強していたが、こんなに奥深いテーマだとは思ってなかった。
セクシュアリティは個人の問題ではなく、社会的な問題だということ。「性は個人のものやん?」って思うけど、私達の生活のあらゆるところにセクシュアリティは登場し、法的にも管理される。社会的な問題だといわざるを得ない。
解剖学的性、性自認、性的指向。それぞれに男、女、その中間?がある。そもそも、この社会は性を文化的に2つに分けることになっているので、男と女の2つの性で考えたとしても、8通りの性のあり方が考えられる。
解剖学的には女、性自認も女、性的指向も女なら「レズビアン」、解剖学的には女、性自認は男、性的指向は女という場合、一見レズビアンのようだが、自分は男という意識で女が好きなので、実は「ヘテロ」になる。また解剖学的に女、性自認は男、性的指向も男なら、体は女だが、「ゲイ」という分類になる。
頭がこんがらがりそうだけど、よくよく考えれば当たり前のこと。納得。
もっと勉強したくなった。

本当にこの研修は濃い。深い。
今のところ、エイズ対策を選んでよかったと思えている。


ここ数日、毎日何人かのゲイの方にお会いするし、その方たちは皆普通の人だし、どんな世界なのか、特別視するような世界ではないように思えてきて、思い切って今夜、新宿2丁目に行ってみることにした。
新宿2丁目・・・歌舞伎町の近くにある街だが、そこはゲイとレズビアンの街。
自分の中の偏見を試してみたいという気持ちも強かった。
思った以上に疲れた。カルチャーショックというのだろうか・・・何ショックと言えるものか分からないが、とにかくショックが大きかった。何がそんなに私を疲れさせたのか、何に対して自分の価値観との相違を最も感じたのか、自分自身が混乱していて、まだよく分かってない。もう少し自分の中で見つめ直してから、書いてみようと思う。

あ、あと今日は2丁目に行く前に東京近郊にいる隊員候補生の飲み会があったので、ちょこっと顔を出してきた。まぁ、皆勢いがすごくて圧倒された・・・ってのが正直な感想。



とにかく今日という日は、心身ともに疲れた。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]