忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204

81日 たくさんの隊員が協力して、Kumasiで大きなイベントが開催された。

日本文化紹介や障害者のフットボールマッチなど盛り沢山の内容で開催され、その中の1つとして、私はMobile VCTを担当した。

 

 

 

Mobile VCTとは、普段は病院のVCTに行かないと受けられないHIV検査を、カウンセラーが出張し病院外で行うもの。差別や偏見から、なかなかHIV検査に来ることができない人が多いが、こういうイベント時に一緒に実施すると、あまり人の目を気にせず、気軽に来ることができる。そして今回は無料で実施したため、118人もの人がHIV検査を受けに来てくれた。

 

 
テスト          Waiting Roomで 
    

 

 

問題点として、Mobile VCTではその後のフォロー(確認検査を受け、HIVの治療にアクセスできるよう)が困難なこと、プライバシーが保持できにくいこと、お祭り騒ぎの中、無料で実施することから、本当に来てほしいターゲット層よりも若い10代の子が仲間と連れだって興味本位で来てしまうこと等がある。今回はカウンセラーを4人招待し、プレカウンセリングを5人のグループで、テストとポストカウンセリングは1人ずつ行った。1人のカウンセラーに1部屋ずつ学校の教室を割り当て、プライバシーの保護に努めたが、ドアを閉めることはできないし限界はあった。16歳以上に限定し、ターゲットを絞ってインフォームを行ってもらったため、10代後半以上の層にも検査を受けてもらえた。

 

今回の受検者の中でHIV陽性者は1人だったが、Mobileで実施することで、よりたくさんの人にHIVの知識や自分のステータスを知ってもらう機会を提供でき、それが今後の予防につながることが期待できる。

私の郡ではまだMobile VCTを実施できる環境が整っていないが、いずれ実施できるようになれば良いなと思っている。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]