忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277

2年間、私の活動の中心となってきた妊婦健診。

 


聴診や触診など妊婦健診を手伝いながら、妊婦にHIV&AIDSの情報を伝え、検査を勧めること、カウンセラーの意欲を高めること、プライバシーに配慮すること、HIV陽性妊婦のその後のフォローをすること等を行ってきた。しかし、どれも十分にやれたとは言い難い。言語の不自由、スキルの不足、価値観の違いという壁など、ここで成果を残すためには私には足りないものがたくさんあった。そんな様々な要因が絡み合って、自分が諦めてしまったり、相手が逃げてしまったりと、スムーズにはいかなかった。1人の意識を変えることなら、まだ簡単。しかし、その1人が集団に属しているから難しい。改善点を配属先に提示したり、耳を傾けてくれる人に訴える等していると、個人的に共感を示してくれる人はいた。しかし、個人の賛同は得られても、集団の意識を変えるのは難しかった。そのために何をどうしたら良いかは、私には分からなかった。

HIV検査についてまとめたもの

 

妊婦健診の場で、任期後半はマンパワーとしての役割を果たすことが多くなり、それにより助産師
との信頼関係は構築されつつあったと思うが、結局それ以上に踏み込むことはできなかった。自分がまた集団から遠い存在になってしまうのが怖かったのだと思う。きっと、これが外国人ボランティアという特権を生かしきれなかった一番の理由かなと思う。

トラウベと呼ばれる器具で胎児の心音などを聴診中
 
 

ただ要請内容に関係なく、私自身としてはたくさんの妊婦さんと対面し、彼女達を通して母親の、人間のたくましさを知り、お腹の中のまだこの世に誕生していない命に触れられる喜びを感じられるこの活動は楽しく、これからの私の方向性を見つけるために大切な活動だったと思う。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]