忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146

もうすぐ17年度2次隊の先輩隊員が帰国する。

ガーナにエイズ対策隊員が入ったのは、この隊次が初めて。そして19年度1次隊の私が、最も遅く派遣されたエイズ対策隊員で、私をもって予定されていた全ての任地にエイズ対策隊員が揃った。

もちろん、これから帰国していく先輩たちの後任隊員は一部来る予定。

 

このパイオニア的存在の17-2が帰国する前に、どんな活動をしてきたのか、集大成を見に行こうというスタディーツアーがエイズ対策のフィールドコーディネーターにより企画され、今週実施された。

 

私はAshanti州だけど、スタディーツアーでは隣のEastern州に行き、2人の先輩の活動を見てきた。

1人はコミュニティー巡回、1人は学校で指導という形。

ちなみに、私は両者を合わせた活動をしていくことになりそうで、ちょうど来週から学校でも授業を持っていく予定なので、その前に見せてもらえて良かった。

    


協力隊というのは、特に「規定された枠組みの中で何かをやりなさい」というものではない。もちろん職種に関係していた方がいいだろうけど、やりたいと思えることがあって、それが実現可能なものであれば、現地の人のためになることであれば、基本的には何でもやっていい。

しかし、この「何でも良い」というのが曲者で、やれるもんなら何でもやってもいいけど、与えられる仕事というのは、ほとんどなかったりする。そして初めのうちは何をやっていいんやら、よく分からない。結果、自分は何をしにわざわざアフリカくんだりまでやってきたのか・・?という自己無力感に苛まれる。誰しもが通過する道だとは思う。

実際、私もその道中にいる。やれることを何とか見つけて、日々活動をしているつもりではいるけど、結局それに何の意味があるのか、よく分からなかったりするし、考えること自体めんどくさくなったりもする。

でも周りの先輩を見ていると、自分はまだ活動する環境に恵まれた方なのかなとも思えるし、何もやることがないという事態に陥っているわけでもなく、やりたいなと思うことはイロイロある。それに、私の語学力と現地の人のモチベーションの低さ、スタッフ不足等という邪魔が入って、なかなか実現は難しかったりするけど、検討していく余地はあると思っている。日本から来ている私だからこそ、とれる手段があるハズ。

 

まだ1年7か月もある。

これをポジティブにとらえるか、ネガティブにとらえるか、その時の気分次第。圧倒的にネガティブにとらえることの方が多かったりするけど、嬉しい出来事♪もあり、ポジティブにとらえることのできた1週間でした。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
悩むことも多いよね
なんだかすごく共感しながら読んだよ。
ただ今は、ネガティブ思考でさ… なかなか上向きになってこないんだよねぇ。
アヤカさんのポジティブ志向を見習わなくてはなぁ!
たむたむ 2007/11/19(Mon)12:49:09 編集
人間だもの
浮き沈みがあるのは当たり前ですよね。気分が乗らないときはムリすることないって思う。日本じゃないっていうことが与えるストレスって自分が想像する以上に大きいと思うし。同期の隊員とかと話すと、私は癒されることが多いよ★人間につかれても、結局人間に癒されるんよね~
モンゴル、こっちゃんとか、元気にしてんのかな~?
アヤカ 2007/11/24(Sat)22:17:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]