忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184

今週はお産に関わることの多い1週間だった。

そして異常妊娠、分娩の多い1週間だった。

 

今までガーナであまり異常例を見ることは少なかったが、やはりお産は病気じゃないとはいえ、病院にいれば異常例に遭遇する。

病院とはいえ、ほとんど設備の整っていないガーナ。

明らかに早産、2000g以下の未熟児なのに、体重計が壊れているために測定されず、正期産児のように扱われる赤ちゃん、
自宅出産後、多量出血で運びこまれる産婦、
もうちょっと待てば良いのに、無理やり胎盤を用手剥離したために遺残してしまう、
重度の貧血で管理入院し退院後、一度も分娩まで通院せず、分娩時にはまた重度の貧血を患っている、
自宅で胎児のみ流産し、ちぎれた臍帯をぶらさげたまま多量出血で搬送されてくる

・・・いろいろある。

 

帝王切開や特別な異常例はDrが関与するが、それ以外は基本助産師が対応する。清潔不潔の区別なんてなく、目を覆いたくなるような場面もあるし、患者さんに対する態度など、日本で医療に携わっていた私としては「どーなの・・・?」って思うこともたくさんある。でもそれ以上に、こっちの助産師はすごいなって思うこともある。



最近、続けてお産を見て、やっぱり自分はお産が好きなんだなぁと思う。真似できないことも多いけど、まだまだあと1年、彼女たちから学ぶことは多そうだ。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]