忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133

私は、「エイズ対策:HIV&AIDS Controller」という職種で派遣されている。

 

なんで妊婦健診や乳幼児健診、家庭訪問に行っているかというと、そこにいる人々にHIV&AIDSとは何か、どんな感染経路があるのか、自分のステータスを知ってほしいということ、VCT(Voluntary Counselling and Testing)という検査を受ける場所があること等を伝えるため。10月からは学校にも行って、ナースたちがHealth Educationをする際に一緒にHIV&AIDSの話を生徒たちにする予定。

 

郡病院のVCT ↓

    

VCT room、一見キレイそうに見えて、けっこう汚い。整頓しても、整頓しても、また次行くと、散らかしてくれている。。

HIVの検査はただ検査をすることが目的なのではなく、検査の前後に行われるカウンセリングが重要になる。たとえ陰性であっても、必ず検査の前後のカウンセリングは実施する。それが今後の予防行動につながってほしいという意味を込めて。

 

郡病院には3人のカウンセラーがいる。彼女たちは全員助産師なので、そちらの仕事もしながら、カウンセラーの仕事もしなければならない。忙しいために、どうしてもVCTは後回しになってしまっている。しかし、その現状をどうにかするために、私が派遣された訳であって、どうにかしていかなければいけない。ということで、まずはカウンセリングの内容を見直し、項目を決定した↓
   

しかし、チュイ語が理解できないので、ホントに彼女たちがその通りにやってくれているかどうかは謎…

 

 

HIVテストはRapid Testを使っている。日本では取り扱っていない所も多いが、ガーナではこれが一般的。簡単なテストで、指に針をちょっと刺し血液を2滴たらし、15分ほど待てば結果が出る。これで陽性という結果が出た場合、偽陽性という可能性もあるので、確認検査が必要になるが、陰性の場合は確実に陰性。

 

Rapid Test          Confirmation Test

        

一応、職場の方からはHIV&AIDS以外にも、マラリアや結核なども含めてPublic Health 全般を含んだ活動をするようにと言われている。ただ、まだそんなにガーナの疾病を理解できてないので、HIV&AIDS以外の活動は同僚に同行してお勉強。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< トロピカル HOME HAPPY99 >>


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]