忍者ブログ
生活のことや仕事のことなど、日々の足跡を少しずつ残してます。
80 80 80 80
80 80 80 80
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255

病院、各ヘルスセンターでは、村を5~6か所決めて、毎月1回出向き、体重測定と乳児健診を行っている。私も月に2~3回、それに同行するようにしている。
村に行くのは、ヘルスセンターの中で働くよりも、新しい発見があって新鮮。見たことない果物や花を見つけたり、人々の暮らしを身近に感じたり、アフリカの貧しさを目の当たりにしたり。


健診のお手伝いをしている村のヘルスボランティア
 


家庭訪問をする時もある。
先日、フィラリアの患者と出会った。足がパンパンで、まるで象のようになっている。彼女はもう10年以上前から患っているという。痛みはひどくなる一方だが、お金がないため病院に行くことはできない。

 


フィラリアは寄生虫の1種で、蚊などの吸血昆虫を媒介する熱帯感染症。病気が進行すると、フィラリアがリンパ管を破壊するので、末梢組織の循環が阻害され、彼女のようなひどい浮腫をきたし象皮症となる。

治療は外科的治療と内科的治療があるが、ガーナで治療を行うととても高額になる。何か事情があって、電気も水もないボロ屋にまだ学生の息子と住んでいる彼女に、とても払える額ではない。

とりあえず出来ることと行ったら・・・対症療法。
足を冷やす、石鹸でよく洗い清潔にする、マッサージする、寝る時は足を高くする。こんな些細なことしかできないが、やらないよりはマシだと思うので、石鹸(1日100円以下の生活をしている人たちにとっては、1つ50円の石鹸でさえ買えなかったりする)を持って彼女を再訪した。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/15 アヤカ]
[01/10 ゆき]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
[12/28 アヤカ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アヤカ
性別:
女性
職業:
病院勤務
趣味:
旅行♪
自己紹介:
2007年6月18日から青年海外協力隊(19年度1次隊)、エイズ対策で、ガーナへ派遣されていました。
今は日本でまた病院勤務。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]